自律神経失調症の症状

痙攣(けいれん)で顔やまぶたがピクピクする

更新日:

健常な人でも、顔やまぶたがピクピク痙攣(けいれん)した経験はあるかと思います。

しかし自律神経失調症になると、こういった顔やまぶたの痙攣も日常的になります。

こういった症状は、周りからどう見られているのかも気になりますよね。

今回は、気になる顔やまぶたの痙攣と、自律神経失調症の関係についてまとめます。

痙攣(けいれん)で顔やまぶたがピクピクする


自律神経失調症による痙攣の特徴

自律神経失調症になると、顔やまぶただけでなく、体の一部が痙攣したり引きつりを起こすことは珍しくありません。

かなり一般的な症状なので、日常的に痙攣や引きつりの起こる人は多いんです。

しかも当然、これらの痙攣は自分の意志とは無関係に起こります。

ただし軽度から重度まで症状は様々で、出ている症状によっては、自律神経失調症の重症度をはかる目安にもなります。

軽度の痙攣とは?

まぶたや頬、首や手足、皮膚の一部などが、軽くぴくぴくと痙攣する症状です。

時間の経過とともに治るもので、数秒から数十秒でおさまります。

この程度ならそこまで気にする必要はないので、サプリメントなどを飲んで様子をみてください。

重度の痙攣とは?

自律神経失調症の状態がひどくなると、軽い痙攣ではすまなくなります。

表情筋や手足や首に、激しい痙攣がおこります。

場合によっては、数十分以上続く場合もあり日常生活にも支障がでます。

また症状の重症度によっては、顔やまぶた以外に手足などが痙攣することもあります。

ここまでくると、一度病院に行った方がいいと思います。

痙攣がおこる原因は?

例えば代表的なまぶたの痙攣でいえば、交感神経が働きすぎていることが原因です。

痙攣のおこる原因

ストレスや緊張を強く感じると、交感神経は働きすぎる傾向にあります。

そうなってしまうと顔面の筋肉が異常に緊張して、神経を圧迫することになるので痙攣が起こるんです。

痙攣の治し方

まぶたの痙攣については、ボツリヌス菌注射をすれば一時的には改善することが多いようです。

しかし自律神経失調症の人の根本的な原因は、交感神経の働きすぎによるものです。

ですので、ストレスや疲れをため込まないようにすることが第一です。

そうすることで、交感神経が働きすぎている状態を改善していくことが必要です。

また副交感神経を優位にする為に、リラックスできる時間を意図的に増やすことも大切です。

副神経を優位に働かせるには、次のように様々な方法があります。

手軽に始められることから、試してみてくださいね。

  • 睡眠時間を増やす。
  • 栄養バランスのいい食事をとる。
  • 趣味などにあてる時間を増やす。
  • 入浴の習慣をつくる。
  • 痙攣している箇所に蒸しタオル、温かいシャワー。
  • サプリメントを飲む。

この中で即効性があるのは、蒸しタオルやシャワーでしょう。

温めた部分の血行が一時的によくなるので、その場しのぎですが改善になります。

ただし長期的には、リラックスできる環境に身をおくことが大切です。

趣味を増やす、睡眠時間を増やす、お風呂にゆっくりつかる、健康バランスにすぐれた食事をゆっくりとる!!

リラックスできる環境に身をおくことが大切

ですが現実的に時間がなくて難しい・・・といった場合には、サプリメントの摂取もオススメです。

サプリメントは、当サイトでもオススメしている自然な治し方の一つです。

まぶたや顔の痙攣をはじめとした、自律神経失調症の症状で苦しんでいる人なら試す価値ありです。

ただし「何でも良いから試してください」というわけではありません。

ビタミンBやギャバなど、自律神経失調症には自律神経失調症の方へオススメのサプリメントがあるんです。

その一つが、ハチミツの王様でもあるローヤルゼリーです。

ローヤルゼリーは、自律神経の乱れを整えるのに必要な栄養素のバランスがよく、何より栄養素の種類が豊富です。

しかも自然界にある天然成分なので、副作用の心配も少ないのが特徴です。

やわたの「ローヤルゼリー粒ゴールド800」は、そんなローヤルゼリーを1粒に800mgも詰め込んだサプリです。

痙攣をはじめとした、自律神経失調症の症状がでているなら試して損のないサプリだと思います。

もちろんローヤルゼリーにこだわる必要はありませんが、個人的には栄養満点で貴重な成分といえば代表的なのがローヤルゼリーです。

しかもサプリで有名なやわたが作っているということもあるので、このサプリをオススメしています。

返金保証もついているので、興味のある方はぜひチェックしてみてくださいね。

まとめ

  • 痙攣が日常的におこるのは、自律神経失調症になっている可能性がある。
  • 自律神経失調症になると、自分の意志とは無関係に痙攣がおこる。
  • 症状が悪化すると、激しい痙攣が数十分以上続くこともある。
  • 交感神経が働きすぎると、顔面神経が圧迫されて痙攣が起こる。
  • 軽度の痙攣はボツリヌス菌注射をすれば一時改善する。
  • 副交感神経を優位にする為、リラックスできる時間を増やす必要がある。
  • 時間のない方にはローヤルゼリーサプリがおすすめ。

今読まれている記事

自律神経失調症にお勧めの人気サプリランキング 1

当サイトでは、自律神経失調症の対策としてサプリメントをオススメしています。 なぜサプリメントをオススメするのかというと、主に下記の3つの理由があります。 薬による依存性がないので安全 副作用がほとんど ...

ローヤルゼリーがオススメ 2

有名なので知っている人もいると思いますが、ローヤルゼリーには自律神経失調症への効果もあるのです。 ローヤルゼリーと言えば、健康食としても注目を集めたことが何度もありましたよね? 栄養素の宝庫でもある、 ...

自律神経失調症のいろいろな治し方 3

自律神経失調症は、普段の栄養補給によっても症状に差がでます。 ですので食べ物による栄養補給は、実はとても理想的な、自律神経失調症の治し方なんです! もし苦しい自律神経失調症の症状が、普段の食事や食べ物 ...

やわたのローヤルゼリー粒ゴールド800を実際に飲んでみての体験レビュー 4

やわたの「ローヤルゼリー粒ゴールド800」は、自律神経失調症の方に人気のサプリランキングでも1位のサプリメントです。 今回は大人気になっている、やわたの「ローヤルゼリー粒ゴールド800」を飲んだので、 ...

自律神経失調症のセルフチェックシート 5

「最近疲れやすくなった」「なんとなく体調が悪い・・・」という方は、もしかしたら自律神経失調症になっているのかもしれません。 まずは簡単にできるセルフチェックで、ご自身の状態をチェックしてみてくださいね ...

-自律神経失調症の症状

自律神経失調症の治し方ナビのトップページに戻る

Copyright© 自律神経失調症の治し方ナビ , 2018 AllRights Reserved.