自律神経失調症の症状

自律神経失調症で眠気が続く時の対策とメカニズムについて

更新日:

眠気と自律神経失調症

自律神経失調症の中でも特に悩まされる症状の一つが、日中に永遠と続く眠気です。

眠気が強く続くと、会社や学校に行くのすら大変ですよね。

症状がではじめると本当につらいので、なんとか解決できる方法はないのか?

この記事では自律神経失調症で日中も眠い時の治し方、眠気がでるメカニズムまでまとめています。


日中の眠気の治し方

眠気の治し方とは?

日中にもつづく眠気を治すには、自律神経のバランスを整え、しっかりと夜に熟睡できる習慣をつけることが大切です。

簡単にできることも多いので、次の治し方を一つ一つ実践してみてくださいね。

その1. 日光をあびる習慣をつける

1日5分でも日光をあびる習慣をつけてください。

それだけでも、日中にセロトニンを生成して夜にメラトニンが生成されるリズムを作れます。

メラトニンは、体温を下げ、副交感神経を優位にして体をリラックスした状態にしてくれるホルモンの一種です。

メラトニンが夜に生成されることで、眠気を感じ、体が眠る状態に入ることができます。

日中に日光をあびてセロトニンを増やすことで、夜にメラトニンがしっかりと生成されるようになり、睡眠リズムも正されていきます。

その2. 寝る前にブルーライトをあびない

ベッドに入って眠る2時間くらい前には照明を暗くしてみてください。

そしてスマホやパソコンといった、ブルーライトを発するものは使わないようにしてみましょう。

パソコン、スマホなどの画面から発するブルーライトは、脳を興奮させる作用があり、眠りをさまたげる原因となります。

もし照明やスマートフォンを使う場合も、画面の明るさを落として使用するなど気をつけてみましょう。

これだけでも、夜になってベッドに入った時、眠りにつきやすくなりますよ。

関連:就寝前の生活環境を変えてみよう

その3. お風呂につかる

これは眠気だけでなく自律神経失調症全般に良いことですが、お風呂に入浴するとストレスがとれ、リラックス効果があります。

お風呂につかった後は、すみやかにベッドに入り寝てしまいましょう。

お風呂で温まった体が冷めるタイミングで眠気が発生するので、スムーズに眠りにはいることができますよ。

その4. 睡眠サプリメントを飲む

睡眠薬は副作用がキツいのでオススメしませんが、眠気を誘発するサプリメントならオススメです。

例えばグッドナイト27000 は機能性表示食品に認定されている、成分配合も優秀な人気サプリです。

サプリなら副作用もなく、依存性もないため、睡眠薬よりはるかに安全に飲めます。

夜にしっかり眠れるだけでも、昼間の眠気は気にならなくなるので試してみてくださいね。

眠気が続く原因は?自律神経が眠気に働くメカニズム

眠気が続くのは、ストレスなどで自律神経のバランスが乱れていることが大きな原因です。

そのせいで、夜間に働くはずの副交感神経が、日中に優位に働いてしまうのです。

本来は、日中に交感神経が優位に働き、夜は睡眠をとるために副交感神経が優位に働きます。

そのおかげで、日中は眠気を感じることなく働け、夜はグッスリ眠れるんです。

ですが自律神経のバランスが乱れると、体を落ち着かせるための副交感神経が日中にも働きます。

その結果、日中に永遠と眠気が続くんです。

自律神経のバランスが乱れた状態が続くと、眠気以外にもなんとなく気持ちが悪い状態が続いたり、ずっと疲れが残っていると感じる、からだのほてりなど、様々な体の不調があらわれることがあります。

原因がわからずこのような症状がつづくと、自律神経失調症である可能性が高いです。

日中に続く眠気はキツい & 怖い

日中の激しい眠気は、やる気も活力もすべて奪いとるので厄介です。

どんな感じなのかというと、寝起きの眠さに近いといえます。

あの状態が、日中ずっと続いているようなものです。

相当にキツいですよね。

ですので、どんなに頑張って起きてようとしてもウトウトしてしまいます。

しかもそれで怒られてしまうと、ストレスやあせりから自律神経失調症が悪化してしまう傾向にあります。

もちろん、自分でも今の状態がヤバいのはわかっていますが、どうしようもない・・・

それが自律神経失調症による、永久的に続くと思える眠気の怖さ・・・。

ぜひ悪化する前に、今回の治し方を参考にして自律神経失のバランスを整えてあげてください。

まとめ

  • 日中の眠気はやる気や活力などを根こそぎなくす原因となる。
  • 自律神経失調症になると、寝起きのような眠さが日中ずっと続く。
  • 日中の眠気のせいで怒られると、それがストレスとなって状態は悪化する。
  • 眠気の原因は、夜間に働くはずの副交感神経が日中に優位に働いているから。
  • 眠気の対処法は、日光をあび、照明を暗くして、お風呂に毎日つかること。
  • 眠気を誘発する睡眠サプリはかなりオススメ。

眠気がでてきた段階の症状は、まだまだ自律神経失調症のなかでは初期症状にあたります。

これが悪化して不眠症状になると、本当に日常生活もまともにおくれなくなります。

なるべく眠気が気になるようになった段階で治せるよう、生活習慣の改善やグッドナイト27000 などのサプリなどを試してくださいね。

自律神経失調症の方が選んでいる人気サプリはこちら

ちなみに睡眠薬は一度使い出すと、やめられなくなるそうなので怖いですよ・・・

とにかくまずは、夜にしっかり眠れるように生活リズムを整えましょう。

今読まれている記事

自律神経失調症にお勧めの人気サプリランキング 1

当サイトでは、自律神経失調症の対策としてサプリメントをオススメしています。 なぜサプリメントをオススメするのかというと、主に下記の3つの理由があります。 薬による依存性がないので安全 副作用がほとんど ...

ローヤルゼリーがオススメ 2

有名なので知っている人もいると思いますが、ローヤルゼリーには自律神経失調症への効果もあるのです。 ローヤルゼリーと言えば、健康食としても注目を集めたことが何度もありましたよね? 栄養素の宝庫でもある、 ...

自律神経失調症のいろいろな治し方 3

自律神経失調症は、普段の栄養補給によっても症状に差がでます。 ですので食べ物による栄養補給は、実はとても理想的な、自律神経失調症の治し方なんです! もし苦しい自律神経失調症の症状が、普段の食事や食べ物 ...

やわたのローヤルゼリー粒ゴールド800を実際に飲んでみての体験レビュー 4

やわたの「ローヤルゼリー粒ゴールド800」は、自律神経失調症の方に人気のサプリランキングでも1位のサプリメントです。 今回は大人気になっている、やわたの「ローヤルゼリー粒ゴールド800」を飲んだので、 ...

自律神経失調症のセルフチェックシート 5

「最近疲れやすくなった」「なんとなく体調が悪い・・・」という方は、もしかしたら自律神経失調症になっているのかもしれません。 まずは簡単にできるセルフチェックで、ご自身の状態をチェックしてみてくださいね ...

-自律神経失調症の症状

自律神経失調症の治し方ナビのトップページに戻る

Copyright© 自律神経失調症の治し方ナビ , 2018 AllRights Reserved.