自律神経失調症の症状

脱力感や無力感でツラい

更新日:

自律神経失調症になると、だるさを感じる機会は多くなりますよね。

だるさや倦怠感によって、脱力感や無力感を感じるのも自律神経失調症の特徴です。

毎日の生活に支障のでている人は少なくないので、脱力感や無力感のツラい人は要チェックですよ。

脱力感や無力感でツラいのも自律神経失調症の特徴


何もしてないのに脱力感や無気力感を感じる原因

自律神経は、全身の器官をコントロールするものですが、そのバランスが乱れると全身に影響がでます。

その結果として様々な症状がでてしまい、脱力感や無力感といった症状もあらわれるんです。

特に緊張や不安、外的なストレスが続くと、交感神経ばかりが活発にはたらく時間が長くなります。

長期間にわたって交感神経が活発に働くと、血流が悪くなり疲れがとれない、リラックスできずに眠れない。

さらには体がつらくて集中できない・・・

といった症状になり、それがそのまま脱力感や無力感にもつながります。

さらに前日眠ったにも関わらず、日中に猛烈な眠気が続くのも自律神経が乱れている人の特徴です。

これらも脱力感や無力感をたかめてしまう原因になりがちです。

脱力感や無力感が続くのは危険

脱力感や無力感が長期にわたって続くと、仕事やプライベートにも大きな影響がでます。

何をしていても日中は集中できずに、気力が出なくなるので当然なんですけどね。

原因が自律神経の乱れであれば、残念ながら病院に行っても解決はしません。

まずは交感神経の働きを落ち着けて、脱力感や無力感をおさえる必要があります。

脱力感や無力感の治し方

脱力感や無力感がつづくのは、自律神経が乱れていることも原因です。

しかし、好きなことや打ち込めることがないのも理由です。

ですので、好きな音楽を聞いたり趣味に打ち込んだりする時間を作れば、状態は改善する可能性もあります。

なぜなら、このような楽しい時間をすごすと、副交感神経というリラックス神経が働いてくれるからです。

脱力感や無力感を理由にして、何もせずにいるのは状態を悪化させるだけです。

またストレスや不安を解消して眠りの質を高めるだけでも、副交感神経は働きが良くなります。

脱力感や無力感が、日常的に気になっている人は試してみてくださいね。

まとめ

  • 交感神経が優位に働くと、不眠や疲れだけでなく脱力感や無力感につながる。
  • 脱力感や無力感が続くと、日中の気力が出なくなる。
  • 脱力感や無力感を治すには、趣味や好きなことをする時間を増やすことが大切。
  • 脱力感や無力感を理由に、何もせずにいるのは状態を悪化させる。

疲れ、不眠、血流の悪さなどが、脱力感や無力感をより一層高める原因になっています。

まずはアミノ酸たっぷり三黒の美酢などを飲んで、疲れを解消することからはじめてください。

値段も980円から試せるので、試しやすくてオススメですよ。

今読まれている記事

自律神経失調症にお勧めの人気サプリランキング 1

当サイトでは、自律神経失調症の対策としてサプリメントをオススメしています。 なぜサプリメントをオススメするのかというと、主に下記の3つの理由があります。 薬による依存性がないので安全 副作用がほとんど ...

ローヤルゼリーがオススメ 2

有名なので知っている人もいると思いますが、ローヤルゼリーには自律神経失調症への効果もあるのです。 ローヤルゼリーと言えば、健康食としても注目を集めたことが何度もありましたよね? 栄養素の宝庫でもある、 ...

自律神経失調症のいろいろな治し方 3

自律神経失調症は、普段の栄養補給によっても症状に差がでます。 ですので食べ物による栄養補給は、実はとても理想的な、自律神経失調症の治し方なんです! もし苦しい自律神経失調症の症状が、普段の食事や食べ物 ...

やわたのローヤルゼリー粒ゴールド800を実際に飲んでみての体験レビュー 4

やわたの「ローヤルゼリー粒ゴールド800」は、自律神経失調症の方に人気のサプリランキングでも1位のサプリメントです。 今回は大人気になっている、やわたの「ローヤルゼリー粒ゴールド800」を飲んだので、 ...

自律神経失調症のセルフチェックシート 5

「最近疲れやすくなった」「なんとなく体調が悪い・・・」という方は、もしかしたら自律神経失調症になっているのかもしれません。 まずは簡単にできるセルフチェックで、ご自身の状態をチェックしてみてくださいね ...

-自律神経失調症の症状

自律神経失調症の治し方ナビのトップページに戻る

Copyright© 自律神経失調症の治し方ナビ , 2018 AllRights Reserved.