自律神経失調症の症状

頻尿(ひんにょう)、残尿感を感じる

更新日:

自律神経失調症になると、頻尿(ひんにょう)という今まで経験のない症状を感じることがあります。

頻尿とは、水分を多くとったわけではないのに残尿感が残り、何度もトイレに行きたくなってしまう症状です。

中高年の定番のような症状に思われるかもしれませんが、自分の時間をけずるなかなか面倒な症状です。

頻尿になると常にトイレに行きたくなり、他のことに対して集中力が続かなくなりますからね。

一日のトイレの回数が10回を超えている・・・

もしくはトイレの頻度が増えていたり、残尿感を感じる機会の多い方は要チェックですよ。

自律神経失調症と頻尿の関係


自律神経失調症になると頻尿に悩まされる原因とは?

頻尿は、ストレスや緊張によって交感神経の緊張が続くことが原因です。

さっきトイレに行ったばかりでも、常にトイレに行きたいと思うようになります。

運動会の前やプレゼンテーションの前など、緊張してトイレに行きたいと思うことはありますよね?

症状はあれと同じですが、問題はそういった場面以外の日常生活全般でも、あの感覚が常につきまとうことです。

しかも自律神経失調症の場合、泌尿器(ひにょうき)に問題があるわけではないので、泌尿器科に行っても無駄です。

「異常なし」と診断されて終わりです。

その場合、高確率で考えられるのは、自律神経失調症が原因の頻尿となります。

頻尿の治し方とは?

頻尿の治し方とは、適度な運動をして毎日お風呂に入るなど、ストレスを今よりも減らすことです。

これは自律神経失調症全般に言えることですが、ストレスをなくすことが最も症状の緩和には有効です。

少なくとも、副交感神経を優位にはたらかせれば夜間の頻尿はおさまります。

グッスリ眠れてないことが夜間頻尿の原因なので、まずはしっかり眠って副交感神経を働かせてください。

その為に、精神安定に作用したり睡眠を誘発するサプリがあると安心ですよ。

あくまでもサプリというのがポイントです。

睡眠薬は強力ですが、副作用や依存性などがありますからね。

ぼくのオススメは、最近になって人気もでてきているグッドナイト27000 です。

夜間の良質な睡眠をサポートする、L-テアニンが一袋に6,300mgも配合されている機能性表示食品です。

副作用や依存性も報告されてないので、頻尿や残尿感を感じる方でも安心してぐっすり眠れるようになりますよ。

まとめ

  • 自律神経失調症による頻尿は、交感神経の緊張が原因。
  • 頻尿になると、トイレに行ったばかりでもすぐにまた行きたくなる。
  • 自律神経失調症の場合は泌尿器に問題がないので、泌尿器科に行っても解決しない。
  • 副交感神経が働けば、夜間頻尿はおさまる。
  • グッスリ眠れないなら、精神安定や睡眠誘発系のサプリがオススメ。

今読まれている記事

自律神経失調症にお勧めの人気サプリランキング 1

当サイトでは、自律神経失調症の対策としてサプリメントをオススメしています。 なぜサプリメントをオススメするのかというと、主に下記の3つの理由があります。 薬による依存性がないので安全 副作用がほとんど ...

ローヤルゼリーがオススメ 2

有名なので知っている人もいると思いますが、ローヤルゼリーには自律神経失調症への効果もあるのです。 ローヤルゼリーと言えば、健康食としても注目を集めたことが何度もありましたよね? 栄養素の宝庫でもある、 ...

自律神経失調症のいろいろな治し方 3

自律神経失調症は、普段の栄養補給によっても症状に差がでます。 ですので食べ物による栄養補給は、実はとても理想的な、自律神経失調症の治し方なんです! もし苦しい自律神経失調症の症状が、普段の食事や食べ物 ...

やわたのローヤルゼリー粒ゴールド800を実際に飲んでみての体験レビュー 4

やわたの「ローヤルゼリー粒ゴールド800」は、自律神経失調症の方に人気のサプリランキングでも1位のサプリメントです。 今回は大人気になっている、やわたの「ローヤルゼリー粒ゴールド800」を飲んだので、 ...

自律神経失調症のセルフチェックシート 5

「最近疲れやすくなった」「なんとなく体調が悪い・・・」という方は、もしかしたら自律神経失調症になっているのかもしれません。 まずは簡単にできるセルフチェックで、ご自身の状態をチェックしてみてくださいね ...

-自律神経失調症の症状

自律神経失調症の治し方ナビのトップページに戻る

Copyright© 自律神経失調症の治し方ナビ , 2018 AllRights Reserved.