自律神経失調症に関する豆知識

手順通り休職すれば自律神経失調症からの仕事復帰もしやすい

更新日:

病院に行って自律神経失調症と診断されると、状態によってはお医者さんから休職をすすめられるはずです。

しかし「今ある仕事を投げ出して休職するなんて周りに申し訳ない」と、簡単には休職できない人が多いんです。

特に自律神経失調症になる人は、真面目で責任感の強い人が多いので、その傾向は強くなります。

しかし、限界まで症状を我慢するのはオススメできません。

なぜなら限界まで我慢してしまった為に、その後に状態が悪化して仕事復帰できなくなることも珍しくないからです。

手順通り休職すれば自律神経失調症からの仕事復帰もしやすい

確かに会社を休職するのは大変なことで、大なり小なり周りに迷惑をかけてしまうでしょう。

休職しづらいと感じるのも無理はありません。

また症状の特徴や迷惑をかけたという負い目から、仕事復帰しづらいのも普通の感覚です。

しかし手順通りに休職することで、休職もしやすくなり仕事復帰もしやすくなるんです。

もちろんハードルは低くありませんが、本気で悩んでいる方はぜひ実践してみてくださいね。


円満に休職できると仕事復帰はしやすくなる

体調が良くなった後に仕事復帰しやすいかどうかは、休職する前のやり取りにかかっていると言っても、過言ではありません。

無事に休職できたとしても、トラブルを抱えた状態で休職してしまうと、いざ治った時に仕事復帰はしづらくなりますからね。

もし体が限界で休職したいと思っていても、全ての仕事を投げ出して他人任せにすると、周りからは100%反感を買います。

そうならない為にも、できる限りの引き継ぎはおこなってから、休職するように心がけてくださいね。

そうすることで円満に休職しやすくなり、仕事復帰もしやすくなりますよ。

また円満に休職するためには、事前に休職期間中のやり取りについても、相談して決めておかねばなりません。

これができてないと職場の人は、症状が落ち着いた時に、受け入れるべきかどうか不安になります。

また自律神経失調症になった人も、いきなり仕事復帰というのはしづらいものです。

その対策として、「休職中は2週間に1度連絡します」といった感じで、取り決めをしておく必要があるんです。

休職期間中の過ごし方次第で仕事復帰のしやすさは変わる

無事に会社から休職を認められたら、一番にすべきことは完全に自律神経失調症を治してしまうことです。

当たり前と思うかもしれませんが、どうしても仕事のことが気になり治療に専念できない人もいます。

しかし仕事のことや会社のことばかり考えてしまうと、不安やストレスを感じて、自律神経の乱れがおさまりません。

その結果、治療が長引いて中々仕事復帰できないようになってしまうんです。

休職期間中の過ごし方次第で仕事復帰のしやすさは変わる

ですので休職中は、職場に連絡する時以外は仕事のことは完全に忘れてしまうべきです。

休職する時は、残っている有給を使いきっても傷病手当の対象になります。

この期間は1年半におよび、給与の平均日額の約2/3が保証されます。

これだけの期間があれば、自律神経失調症を改善することも十分に可能ですよ。

もちろんリラックスして、仕事のことを忘れられていることが大切ですけどね。

ただし休職中も、職場への定期的な連絡は忘れないようにしてください。

休職する時にどれくらいの周期で連絡を入れるかは、事前に伝えているはずです。

ですので、最低限そこは守らないと、仕事復帰が気まずくなるので注意してくださいね。

休職した人がスムーズに仕事復帰するための手順とは?

自律神経失調症の治療に成功して、休職から仕事復帰したくなったら、上司や会社に相談することが必要です。

状態がよくなったことを伝えて、いつから働きたいのか? いつから働けるのか? を伝えなければなりません。

休職した人がスムーズに仕事復帰するための手順とは?

相談なしに仕事復帰することはありえないので、仕事復帰したいなら面倒でも必ずおこなってくださいね。

もしかすると相談しづらすぎて、仕事復帰もしづらいと感じている人がいるかもしれません。

しかし休職前に引き継ぎをしっかりおこない、休職することにあたって相談もして、休職中も会社や上司と定期的にやり取りしていたなら、気まずさや相談しづらさはそこまでないはずです。

スムーズに仕事復帰とはいかずとも、ある程度はスムーズに仕事復帰できるはずですよ。

自律神経失調症で休職するか悩んでいる人や、仕事復帰で悩んでいる人は、ぜひ参考にしてくださいね。

また仕事復帰できる状態かどうか気になる方は、自律神経失調症のセルフチェックを試してみるのもオススメですよ。

まとめ

  • 休職や仕事復帰しづらいのは仕方ない普通の感覚。
  • 引き継ぎと休職中のやり取りを決めてしまえば、比較的休職もしやすくなる。
  • 休職中も傷病手当で1年もお金がもらえるので治療に専念できる。
  • 休職中は自律神経失調症を治して、定期的に会社や上司と連絡をとることが必要。
  • 休職中は、出来る限り仕事のことは完全に忘れるべき。
  • 引き継ぎ、事前相談、休職中の定期的な連絡ができていれば、仕事復帰の相談もしやすい。

今読まれている記事

自律神経失調症にお勧めの人気サプリランキング 1

当サイトでは、自律神経失調症の対策としてサプリメントをオススメしています。 なぜサプリメントをオススメするのかというと、主に下記の3つの理由があります。 薬による依存性がないので安全 副作用がほとんど ...

ローヤルゼリーがオススメ 2

有名なので知っている人もいると思いますが、ローヤルゼリーには自律神経失調症への効果もあるのです。 ローヤルゼリーと言えば、健康食としても注目を集めたことが何度もありましたよね? 栄養素の宝庫でもある、 ...

自律神経失調症のいろいろな治し方 3

自律神経失調症は、普段の栄養補給によっても症状に差がでます。 ですので食べ物による栄養補給は、実はとても理想的な、自律神経失調症の治し方なんです! もし苦しい自律神経失調症の症状が、普段の食事や食べ物 ...

やわたのローヤルゼリー粒ゴールド800を実際に飲んでみての体験レビュー 4

やわたの「ローヤルゼリー粒ゴールド800」は、自律神経失調症の方に人気のサプリランキングでも1位のサプリメントです。 今回は大人気になっている、やわたの「ローヤルゼリー粒ゴールド800」を飲んだので、 ...

自律神経失調症のセルフチェックシート 5

「最近疲れやすくなった」「なんとなく体調が悪い・・・」という方は、もしかしたら自律神経失調症になっているのかもしれません。 まずは簡単にできるセルフチェックで、ご自身の状態をチェックしてみてくださいね ...

-自律神経失調症に関する豆知識

自律神経失調症の治し方ナビのトップページに戻る

Copyright© 自律神経失調症の治し方ナビ , 2018 AllRights Reserved.